ブログ

【月経トラブルハンターの意外な名付け親とは?】

「月経トラブルハンター」って

ご存じですか?
じつは、これ造語です(笑)

とある方々に造っていただいたのです。

私は一昨年、起業するにあたり
京都商工会館が主催する創業塾というものに
ビジネスのイロハを学びにいっていました。

その中で「自分は何をしている人?」を
言葉で表すワークがありました。

各チーム5、6人で考えるんですが
いつもは男女の配分が半々なのですが
その日は、私以外は全員男性!
60代のおじ様方でした。

皆さん京都を盛り上げたり
今までの夢を実現すべく、起業の
商品を説明し「自分は何者?」のネーミングも
いい感じに出来上がっていきました。

さあ、次は私の出番です。

MBCMのお話をはじめたら
おじ様方は

「いやぁ~。女性のことはよくわからんなぁ」
「なんだか、恥ずかしいなぁ」

なんて声が飛び交っていました(笑)
その時です。

おひとりの方が
「そういえば僕の女房、毎月イライラしていたのはこれ?」
「なくなるってことできるの?!」

とおっしゃったのを機に
皆さん次々に

「しんどそうやったけどなんて声をかけていいかわからんし」
「そうそう。声をかけた時にはほっといて!そっとしといて。
と逆切れされるし^^;」
「”触らぬ神に祟りなし”みたいに毎月、その日が来て
過ぎ去っていくのをただ待っていましたよ(笑)」
と・・・。(;’∀’)

そして

「うちの家内がしんどかった時に教えてあげたかった!」
「これがあったら、世の男性も救われますよ!!」
と皆さんの男性ながらに
男性だからこそ
自分の体ではないからこそ
未知の世界だからこそ

大切な人が困っているのを
何とかしてあげたいという気持ちが
とっても伝わってきました。

そして皆さんが「桜子は何者?」として
作ってくださったネーミングが
この【月経トラブルハンター】でした。

この名前をいただいて私はさらに
このMBCMを多くの人に知ってほしいと
胸が高鳴りました。

このネーミングをつけてくださった
おじ様たちには心から感謝しています。

今日も本講座を開催しておりました。
受講された方々は「月経トラブル」が
手放せる理由に大きくうなずいておられました。

フォローは1か月。

毎週、受講生とココロとカラダの変化を
楽しませていただけることにも感謝しています。

明日も明後日も来月も
「月経トラブルハンター」は参上いたします!

いつか
お逢いできますことを
楽しみにしています。

関連記事

  1. MBCM講座
  2. 開催写真
PAGE TOP